あの時、どこに住んでたか?を容易に思い出す方法。

ここ数年引越し続きです。

あまりに前の引越しとの間が短いと、
どこからどこに引越したのか、順番がわからなくなってきますね。
「ね」と言われても、
そんなに引越しをされたことのない方にはわからない感覚かもしれませんね。

私達夫婦には娘がおりまして、ようやく今年4つになったばかり。
なので「あの時はどこに住んでいたっけ?」と思い出したい時は、
その時に娘が何歳だったか?を合わせて思い出すと容易だったりします。

中国の、日本人にはあまりなじみのない都市に住み、
怖いもの知らず?と言うか、他に選択肢がなかったので現地で出産をし、
まだまだ乳児の段階なのに突然引越しすることになり、
次の場所に移る前に一度帰国はしたものの、娘がまだ1歳の内に再び中国へ。

しかし、その土地は更に田舎でそれこそ日本人に出会うことも全くないほどの、
日本人が暮らすにはあまりにも環境が整っていなかったのです。

そんな中、娘が熱性けいれんで倒れ・・・
もう、それで怖くなり、日本に本帰国することを決めました。

しかしそれは同時に旦那が仕事を変えることとイコールだったのでした。

厳しい再就職活動を乗り越え、今度は宮城県へ移住。
その時娘はやっと2歳。
慣れない極寒の冬を体験しながらも、友人もできて思い出もたくさん。

でも!そこに長く落ち着けずに急遽東京に戻ることに。

娘は3歳になったばかり。
そして、4歳の誕生日を待たず、現在の住まい・埼玉県に引越してきたのでございます。

なんと慌ただしい数年間だったのでしょう・・・。

そう、娘を基準に思い出せば、
あの頃どこにいたのか、容易に思い出せるのです。