引越し件数って減少しているのかと思いきや!?

2015年もあっと言う間に2月に突入です。
これから引越しシーズン真っただ中ですねぇ。

さすがに1月はそうでもなかったですが、
2月に入ってからやたらに引越し業者のトラックを近所に見掛けるようになりました。

引越のサカイのトラック

雪の日の引越し、大変そうですよね・・・

それにしても、少し前のニュースで、若者達の進学に地元の大学を選ぶというのを知りました。
だから若者達が動かなくなった分、引越し件数も減ってるのかな?と思ったりしてましたが、
なかなかどうして、やっぱり立春以降はシーズンなのですね。
これで3月末に引越し件数はピークを迎え、4月上旬までに徐々に落ち着いてくるといった感じのようです。

でも、進学は諦めても就職は地元を離れる決心をした若者達は多いのでしょうか?

まぁ、進学と同時に一人暮らしを始めるというのは、
正直今のご時世、なかなか厳しいものがあるでしょうしね。
親からの仕送りも望めない子も多いでしょう。

でも、就職であれば、自分で月々決まった金額のお給料を頂けるようになる訳で、
なんとかやっていけそうですものね。

もしかしたら、進学で実家を出られなかった分、
就職時には絶対に出るぞ!って思ってた子も多くて、
単に地元を離れるタイミングが数年遅れになったってだけなのであれば、
全体の引越し件数にさほど変動はないのかもしれませんしね。

だいたい、進学で地元を離れた場合、
在学中に住んだ場所から通える会社に就職するってこともあるかと思われますしね。

ううむ。どうなんでしょう?

でも、あんまり若者のことは関係ないのかな?

とにかく年度替わりに合わせて引越しというのはある意味当たり前のことなのかもしれません。