引越しの度に困ることNo.1は「カーテンの寸法」

また引越しすることになりました。
実は前回の引越しからまだ8ヶ月しか経っていません。

これではまるで私自身が「引越し魔」みたいですが、
そうではありません。
いつも主人の仕事の関係で引越さなければならないのです。

ついでに言うと、その前の引越しから前回の引越しまでちょうど8ヶ月。
8ヶ月毎に引越しって、落ち着かなさ過ぎですよねぇ!?

実際、今の住まいに引越してきてから「引越し完了!」と言えるまで数ヶ月の時間を要しました。
娘が3歳でまだまだよく見ていないと危ないし、
旦那が仕事で留守の間にいろいろ片付けてしまいたいことが遅々として進まず、
かと言って、家事を休む訳にもいかず、自分の在宅の仕事も辞める訳にいかず。

一番ぐずぐずひきずっていたのはカーテンの寸法直しでした。

カーテン

前の住まいはカーテンを特注で作らなければならなかった縦長のをはじめ、大きな窓が多かったのですが、
今の住まいは古いマンションで規格が小さめで、カーテンの丈がことごとく合わなかったのです。

丈を引きずったカーテンってかっこ悪いですし、
なんだか運気も下がりそうですよね。

かといってカーテンを買い替えるって、結構お金もかかります。
カーテンって本当に高いですよね!

ですので自分で丈詰めすれば使えるのなら・・・と頑張ったのですが、
なにしろ真夏で猛暑続きの東京で、エアコンはリビングにしかついておらず、
隣の和室にカーテンを広げてまち針を打つのも骨が折れました。

娘がまち針を面白がっていじりたがるのを制するのも気疲れしましたし、
娘の昼寝中に一気に作業したりもしましたが、
本来ならその時間にやりたいことも他にたくさんあったのができなくて、
結局睡眠時間を削ることになり・・・。

いや、思い出せば、よく頑張ったなぁと思いますよ(しみじみ)。

幸い次の住まいは、窓の規格はここと同じっぽいので、
そんなにカーテンを直さなくても良いみたいでホッとしてますが。

とりあえず、買い替え&買い足しするものも照明くらいで済みそうですし、
もう、引越しそのものは「慣れたもの」!

さぁ、気合い入れて頑張るぞ!!

子連れの引越し、リアルな話。託児サービスがほしい!

まぁ急いでないけど、ここ数ヶ月の間に・・・と思っていた引越しですが、
遂に決行することと相成りました。

前回の引越しからまだ8ヶ月ほどしか経っていないのですが、
旦那の仕事をはじめ、やはり動くのがベターと判断した結果です。

やっと今の住まい・周囲の環境になじんできたなと感じるようになった頃で、
なんだかもったいない気がしますが仕方ありません。

いえ、でも前向きに考えたことなので、
明るい未来が待っていると信じて準備していくつもりではありますが。

それにしても、引越しってかなりの重労働なだけでなく、
精神的にもかなりエネルギーを使いますよね。
子連れの引越しともなれば、その大変さははかりしれないものがあります。

子連れの引越し

私達は夫婦と子供一人の3人家族ですが、娘は現在3歳でパワーみなぎっています。

一日中喋っているし、起きていればじっとしていません。
テレビを見ていれば動いてないこともありますが、
見ながらピョンピョンはねていたり走り回っていることもしばしば。

全く、いつになったらもう少し大人しくなってくれるんでしょう?

こんな子がいながらの引越しなので、これだけでキビシイものがあります。

前回も既に3歳になっていた娘がいた訳ですが、
えぇ、大変でしたよ、もちろん。

段ボール箱に詰めたはずのものがいつの間にかまた外に出ていたり、
プチプチが意味なく広げてあったり、
荷造り用の紐がこちらが目が点になるくらい引き出されていたり。

もう、こうなると笑うしかないんですけどね(笑)。

ホント、引越し準備中限定の託児サービスなんてないかしらん?と思ったりしてます。